世界遺産登録を目指して

Toward World Heritage Inscription

撮影:西山芳一

佐渡金銀山は、機械化以前と以降という画期をまたいで長期間継続した鉱山で、金銀生産技術とそれに適応した組織(管理体制・鉱山集落等)の展開を示す物証が、佐渡島という限られたエリアで見ることができる世界的にも稀有(東アジアで唯一)な遺産であり、現在、「世界遺産暫定一覧表」に記載されています。新潟県と佐渡市は、佐渡金銀山が世界遺産にふさわしい貴重な文化遺産として国際的に評価され、また、地域の宝として広く県民にその価値が共有されるよう、登録にむけて取り組んでいます。

経緯

平成19年
12月26日
世界遺産暫定一覧表記載資産候補提案書を提出
平成22年
6月14日
世界遺産暫定一覧表に記載(「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」)
平成22年
10月6日
世界遺産条約関係省庁連絡会議で世界遺産暫定一覧表への追加記載が了承される
平成27年7月 国文化審議会世界文化遺産特別委員会で平成27年度の推薦候補見送り
平成28年3月 推薦書原案(改訂版)を国へ提出
平成28年7月 国文化審議会世界文化遺産特別委員会で平成28年度の推薦候補見送り
平成29年3月 推薦書原案(改訂版)を国へ提出
平成29年7月 国文化審議会世界文化遺産部会で平成29年度の推薦候補見送り

世界遺産登録までの
今後の流れ

  • 推薦書原案(改訂版)を国へ提出
  • 国文化審議会世界文化遺産部会で推薦候補選定
  • 国からユネスコへ
    推薦書提出
  • イコモス(ユネスコ諮問機関)の現地調査
  • ユネスコ世界遺産委員会で登録の可否決定

推薦に向けた取り組み

  • 登録推進

    • 推薦書原案(改訂版)の作成(学術委員会・文化庁等からの指導)
    • 国際会議等への参加を通じた国内外へのアピール など
  • 普及啓発・情報発信

    • 県内外での世界遺産講演会、講座等の開催
    • 学校や各種団体への出前授業・講座の実施
    • 各種メディアを利用した内外への情報発信 など
  • 保存整備・活用

    • 登録後も視野に入れた構成資産の保存整備と活用事業
    • 「保存・活用行動計画」(平成28年策定)の適切な実施