世界遺産とは

What is World Heritage?

撮影:西山芳一

世界遺産とは、地球の生成と人類の歴史によって生み出され、過去から現在へと引き継がれてきたかけがえのない宝物です。現在を生きる世界中の人びとが過去から引継ぎ、未来へと伝えていかなければならない人類共通の遺産です。
世界遺産は、1972年の第17回UNESCO総会で採択された世界遺産条約(正式には『世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約』)の中で定義されています。2017年7月末現在、世界遺産は1073件(文化遺産832件、自然遺産206件、複合遺産35件)、条約締約国は2017年1月末現在で193カ国です。
この文章は、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟のホームページより転載しております。

世界遺産の種類

世界遺産には3つの種類があります。

  • ▲ タージマハル(インド)
    文化遺産

    顕著な普遍的価値を有する記念物、建造物群、遺跡、文化的景観など

    例)インドのタージ・マハル、ドイツ連邦共和国のケルン大聖堂など

  • ▲ イエローストーン国立公園(アメリカ)
    自然遺産

    顕著な普遍的価値を有する地形や地質、生態系、絶滅のおそれのある動植物の生息・生育地など

    例)タンザニア連合共和国のキリマンジャロ国立公園、アメリカ合衆国のイエローストーン国立公園など

  • ▲ マチュピチュ(ペルー)
    複合遺産

    文化遺産と自然遺産の両方の価値を兼ね備えているもの

    例)ギリシア共和国のメテオラ、グアテマラ共和国のティカル国立公園など

日本の世界遺産

日本は平成29年7月末現在、21件の資産(文化遺産17件、自然遺産4件)が世界遺産一覧表に記載されています。

文化遺産

  • 1.法隆寺地域の仏教建造物
  • 2.姫路城
  • 3.古都京都の文化財(京都市、宇治市、大津市)
  • 4.白川郷・五箇山の合掌造り集落
  • 5.原爆ドーム
  • 6.厳島神社
  • 7.古都奈良の文化財
  • 8.日光の社寺
  • 9.琉球王国のグスク及び関連遺産群
  • 10.紀伊山地の霊場と参詣道
  • 11.石見銀山遺跡とその文化的景観
  • 12.平泉 ―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―
  • 13.富士山 ―信仰の対象と芸術の源泉
  • 14.富岡製糸場と絹産業遺産群
  • 15.明治日本の産業革命遺産
    製鉄・製鋼、造船、石炭産業
  • 16.ル・コルビュジエの建築作品 ―近代建築運動への顕著な貢献
  • 17.「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

自然遺産

  • 1.屋久島
  • 2.白神山地
  • 3.知床
  • 4.小笠原諸島

文化遺産

  • 法隆寺地域の仏教建造物
  • 姫路城
  • 古都京都の文化財(京都市、宇治市、大津市)
  • 白川郷・五箇山の合掌造り集落
  • 原爆ドーム
  • 厳島神社
  • 古都奈良の文化財
  • 日光の社寺
  • 琉球王国のグスク及び関連遺産群
  • 紀伊山地の霊場と参詣道
  • 石見銀山遺跡とその文化的景観
  • 平泉 ―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―
  • 富士山 ―信仰の対象と芸術の源泉
  • 富岡製糸場と絹産業遺産群
  • 明治日本の産業革命遺産
    製鉄・製鋼、造船、石炭産業
  • ル・コルビュジエの建築作品
    ―近代建築運動への顕著な貢献
  • 「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

自然遺産

  • 屋久島
  • 白神山地
  • 知床
  • 小笠原諸島