相川金銀山

Aikawa Gold and Silver Mine

撮影:西山芳一

16世紀末から400年間稼働した日本最大の金銀山

相川金銀山は、16世紀末から20世紀末まで国内最大の金産出量を誇った鉱山で、江戸時代から明治時代半ばにかけては、国が管理し、産出された金は全て貨幣として利用され、長期間にわたり、国の財政を支え続けました。明治時代に機械化され、大規模な生産が行われるようになりましたが、古い時代の遺跡が破壊されずに残り、長期間にわたる金生産技術の歴史を示す多くの資産が残っています。

撮影:西山芳一

江戸時代

相川金銀山は、鶴子銀山の山師たちが新しい鉱脈を求めて相川の山に分け入って発見したといわれています。江戸時代を通じて金はおよそ40トン、銀はおよそ1,800トン採れ、日本最大の金銀山でした。相川で金銀が採れるようになると、島外から多くの人々がやって来たため、海辺に十数軒の家しかなかった相川の人口は、一時期5万人にまで増えたといわれています。

最初、鉱山に近い上相川に人々が集まって町ができましたが、すぐに、海に面した台地の先端につくられた佐渡奉行所を中心に、京町や米屋町、味噌屋町など職業別の町が計画的につくられました。人口が急激に増えたため、米や木材・衣類など人々の生活に必要な物資が全国各地から運ばれました。一方、佐渡島内でも鉱山向けの品物の生産が盛んになりました。また、坑道を掘るための技術や測量技術などを利用して、島内各地の海岸段丘や中山間地で新田開発が進みました。

相川金銀山で掘られた金の一部は、西三川の砂金とともに相川で小判に加工され、銀とともに小木港から江戸へと運ばれていきました。幕府はこれらの金銀を資金として、政治や外国との貿易に利用しました。しかし、17世紀の後半になると、しだいに質の良い鉱石が少なくなり、坑道も深くなるにつれて、湧き出てくる水の処理が難しくなり、金銀の生産も大きく落ち込むようになりました。鉱山を復興するためには新しい技術の導入が必要とされ、疎水道を掘ることや排水道具の改良で盛り返したものの、18世紀後半以降は、新鉱脈の発見もなく、鉱山は徐々に衰退していきました。

道遊の割戸(撮影:西山芳一)

道遊の割戸(どうゆうのわりと)

相川金銀山のシンボルで、上部の露頭掘り跡は、江戸時代に人力によって掘られたもので深さ74m、幅30mにもなります。下部の大きな穴は明治時代以降のダイナマイトを使用した採掘の跡です。(国史跡・国重要文化的景観)

佐渡の国金掘ノ巻(相川郷土博物館所蔵)

佐渡金銀山絵巻

採掘から小判製造まで行った鉱山は国内でも佐渡だけであり、その工程を描いた鉱山絵巻が国内外に100点以上現存します。絵巻からは鉱山技術や鉱山経営の変遷を詳細に辿ることができます。

金銀山の発展に貢献した
佐渡奉行

江戸時代を通じて幕府から派遣された奉行は102人に達しました。奉行達の中で特に佐渡金銀山の発展に貢献した奉行を紹介します。

大久保長安(おおくぼながやす)
奉行在職1603年~1613年

1603年に徳川家康により佐渡代官(のちの奉行)に任命されました。佐渡奉行の他に、甲斐奉行や石見奉行、伊豆奉行なども兼任しました。石見銀山の技術や経営方法を佐渡金銀山に取り入れたほか、相川に奉行所を建て、計画的な町づくりを行い、鉱山への道路や港を整備しました。金銀の産出量はそれまでで一番になり、相川は大変なにぎわいを見せました。

佐渡奉行所跡

1603(慶長8)年に大久保長安によって建設されたもので、佐渡の鉱山経営と行政の中心でした。2000(平成12)年に安政年間当時の姿に復元されました。(国史跡・国重要文化的景観)

上町(かみまち)

大久保長安によって台地上に築かれた鉱山町です。金銀山と奉行所を結ぶ通り沿いには、江戸時代の町家や近代の鉱山労働者の社宅など、鉱山のあゆみを物語る各時代の建物が立ち並んでいます。(国重要文化的景観)

荻原重秀(おぎはらしげひで)
奉行在職1690年~1712年

17世紀後半になると、鉱石の採掘場所が次第に地下深くなり、坑道内の湧き水に悩まされるようになりました。このときに佐渡奉行をつとめた荻原重秀は、坑内に溜まった湧き水を海に流すため、疎水坑道を掘削しました。

5年近くかけて地中の岩盤を手で掘って完成させたのが、全長1.1㎞におよぶ「南沢疎水道(みなみざわそすいどう)」です。この疎水道ができたことにより、金銀の生産は再び増加しました。

南沢疎水道(みなみざわそすいどう)

海までの約1㎞を1691(元禄4)年から5年間かけて鑽と鎚で掘りました。現在も坑内の湧水を日本海へ流し続けています。
(国史跡・国重要文化的景観)

石谷清正(いしがやきよまさ)
奉行在職1756年~1759年

年貢の免除や産業の育成、奉行所の組織などについての意見書を幕府に提出して大改革を行いました。また、町のあちこちで仕事をしていた精錬業者を奉行所内に集めて「寄勝場(よせせりば)」をつくり、作業の効率を良くしました。

▲ 間ノ山搗鉱場(国史跡・国重要文化的景観)
撮影:西山芳一

明治・大正時代

明治政府は、「富国強兵」と「殖産興業」をスローガンに積極的に西洋の技術を取り入れ、各分野の近代化に乗り出しました。佐渡金銀山も1869(明治2)年に政府直営となり、外国人技術者の指導のもと、鉱山の近代化が始まりました。

イギリス人のガワーは火薬によって鉱石を爆破する方法を指導したり、運搬に便利なトロッコを取り入れました。同じくイギリス人のスコットは西洋の機械類の運転などを指導しました。また、アメリカ人のジェニンは水銀を使って金銀を製錬する方法を取り入れて金銀生産の効率を上げ、ドイツ人のレーは日本最初の垂直な坑道(大立竪坑)を掘って大量の鉱石を運び上げることに成功しました。

外国人の指導で近代化の道を歩み始めた佐渡鉱山は、明治時代半ば以降は西洋の技術を学んだ日本人たちによって引き継がれ、さらに発展していきました。その代表的な人物が、幕末から各地の鉱山開発に取り組み、1885(明治18)年に佐渡鉱山局長に任命された大島高任(おおしまたかとう)です。大島は高任竪坑の掘削や大間港の建設などを手がけました。1887(明治20)年には大島と同じくドイツのフライベルク鉱山に留学していた渡辺渡(わたなべわたる)が迎えられました。渡辺は間ノ山搗鉱場(あいのやまとうこうば)の他、最新の削岩機や西洋式ポンプなどを取り入れ、鉱石や土砂の運搬に初めてロープウェーを使いました。この時期の佐渡鉱山は国内の「模範鉱山」と呼ばれました。佐渡鉱山学校も開設され、日本各地の鉱山や大学から実習生が学びに来ました。

この頃、機械を動かす動力も蒸気から電気へと変わりました。1908(明治41)年には北沢火力発電所が完成し、さらに1915(大正4)年には、戸地川水力発電所が完成しました。佐渡鉱山は1896(明治29)年には三菱へ払い下げられ、1989(平成元)年に休山するまで、三菱の経営する鉱山として発展しました。

大立竪坑(撮影:西山芳一)

大立竪坑(おおだてたてこう)

1877(明治10)年に完成した貴金属鉱山では日本初の洋式竪坑です。鉱石の掘り出しは、それまでの手掘りから機械やダイナマイトを使うようになりました。そして、鉱石の運搬も鉱車(トロッコ)を使うようになり、一度に大量の鉱石を運び出せるようになりました。最も深いところは352mまで達しています。(国史跡・国重要文化財・国重要文化的景観)

大間港(撮影:天野尚)

大間港(おおまこう)

1892(明治25)年にコンクリート普及以前の「たたき工法」によって築かれた港で、鉱石の搬出や石炭などの鉱山の資材搬出に使われました。写真中央のトラス橋では、鉱車(トロッコ)を乗り付けて、下にいる船へ鉱石を落下させました。(国史跡・国重要文化的景観)

戸地川第二発電所
(とじがわだいにはつでんしょ)

鉱山に電力を供給するために建設された水力発電所です。1919(大正8)年から1977(昭和52)年まで稼働していました。(国史跡)

▲ 50mシックナー(国史跡・国重要文化的景観)
撮影:西山芳一

昭和時代

1937(昭和12)年に日中戦争が始まると、政府は戦争に必要な物を外国から輸入するため、支払いに必要な金銀を生産するよう各地の鉱山に命じました。佐渡鉱山でも多くの施設が建設され、金銀の増産に乗り出しました。大立竪坑の櫓が木造から鉄骨に変わり、高任地区にはさまざまな機械を使って鉱石を砕く粗砕場が建てられました。

また、北沢地区には直径50mの巨大なシックナーや東洋一の規模といわれた浮遊選鉱場が建設されました。これらの施設の建設により、金銀の生産は増加し、1940(昭和15)年には佐渡金銀山の歴史の中で最も多い、年間1,537㎏の金を生産しました。しかし、戦争が激しくなると、金銀よりも軍事物資として直接必要な銅や亜鉛・鉛などを優先して生産することになりました。
戦後、佐渡鉱山は再び金銀の生産を始めましたが、しだいに質の良い鉱石が少なくなり、1989(平成元)年についに休山となりました。

北沢浮遊選鉱場(撮影:西山芳一)

北沢浮遊選鉱場
(きたざわふゆうせんこうば)

1938(昭和13)年に完成した金の生産量を増やす目的で作られた施設です。今は屋根等が撤去されて土台だけになっています。ここでは、浮遊剤を使用して、金銀を浮かべて分離回収しました。また、金銀の絞りかすからさらに金銀を回収していました。(国史跡・国重要文化的景観)